狂犬病予防接種

狂犬病ってなに??

 狂犬病ウィルスによって起こる病気です。このウィルスは、動物の唾液せんの中で、よく増えるため、この病気にかかった動物にかまれると、唾液の中にいるウィルスが、噛み傷から入って病気になります。

 この病気は治療方法がなく、発病すると、人間も動物も、必ず死んでしまう恐ろしい病気です。

 日本では、終戦直後から流行しましたが、昭和25年に「狂犬病予防法」が施行され、飼い犬に予防注射をすることが、飼い主の義務とされました。その結果、昭和32年以降、日本では狂犬病は発生していません。

 日本のような島国では、国内の犬への予防注射を徹底させ、感染源を隔離、排除していけば撲滅できます。

 しかし、国内で長年狂犬病が出ていないといっても、油断は禁物です。最近、輸入動物が急増しています。

 犬も1万頭以上世界各地から輸入されています。また、年間千数百万人の日本人が海外へ出かけております。

 実際の話ですが、昭和45年にネパ−ルでサイクリング中の大学生が噛まれ、日本に帰ってから発病し死亡しました。また、平成11年には、隣の韓国でも発生しております。
 
 世界ではまだまだ、多くの国々で狂犬病が発生し、毎年5万人近くの人が尊い命をなくしています。いつ日本に狂犬病が入ってきても、おかしくない状態なのです。
 
 「狂犬病」というと、犬だけが感染する病気かと勘違いしますが、牛・ウサギ・キツネ・コウモリ、そして、人間も含めた、哺乳類すべてが感染する病気なのです。

 飼い犬が感染すれば、言うまでもなく、最大の被害者は飼い主家族です。

 愛犬のため、家族、隣人のために、更には世の中の、人間と動物すべてのために、毎年一度は必ず、犬に予防注射をしてください。

 狂犬病は、予防は出来ますが、発病したら、救うことが出来ない病気です。

 ですから、犬の予防注射を徹底し、万が一、狂犬病が国内で発生しても、流行しないようにして置かなければならないのです。

狂犬病予防注射

日本では、1年に1回、生後91日以上の犬に、予防注射を打つことと、犬の一生涯に1度の登録が法律で定められています。
狂犬病予防注射を受ける方法は次の2つ!

 

毎年春先に行われる指定地域での集合注射

メリット  

  • 料金が少し安い
  • 注射の場所が近隣の場合、散歩を兼ねて行ける。

デメリット

  • 診察を受けてからの注射を受けられない。
  • 多くの犬が集まるため興奮などをして咬傷事故が起きることがある。
  • ワクチン注射に対するアレルギー反応が起きたとき充分な救急処置を受けられない。
  • 注射時に飼い犬を抑えるのは原則的に飼い主さん。

動物病院での予防接種

メリット  

  • 充分な診察と問診を終えてからの接種。
  • アレルギー反応が起きたとしても速やかな処置ができる。
  • 看護士による保定。

デメリット

  • 集合注射に比べて500円高い。
  • 病院嫌いの子には不適。