フィラリア予防

犬フィラリア症のライフサイクル及びその駆虫法

フィラリアとは

 細長い糸状の寄生虫で、別名を犬糸状虫と言います。成虫の大きさは20〜30cmにもなり、主に犬の心臓や血管に寄生します。そのため心臓の機能が低下して血液の循環が悪くなり、徐々に肝臓・腎臓などにも異常がでて様々な病気を引き起こしていくのです。

 フィラリアは1度蚊の体内に入らないと成虫になる事が出来ない寄生虫です。 蚊がほかの犬に吸血するときに感染幼虫は蚊から出て、皮膚から犬の体内に侵入していきます。

そして、体内で2ヶ月かけてさらに成長し、その後心臓に寄生し半年後に成虫になりミクロフィラリアを産めるようになります。 

 こうして犬はフィラリアにかかっていくのです。

どんな症状がでるのか

 感染したばかりの頃は症状がでないことがあります。しかし、しだいに咳をしたり運動を嫌がるなどの症状を示し、痩せているのにお腹だけが以上に大きく (腹水)なったり失神を起こすようにまで状態が悪くなります。

そして、状態が悪いのに何もしなかった場合は最悪死に至ることもあります。 
また、突然ぐったりして血尿が出てきた時は急に状態が悪くなる恐れがあり、ひどいときにはその日のうちに亡くなってしまうことも多いです。

治療の方法と難しさ

 強い駆除薬を使いフィラリア成虫を殺す方法がありますが、この薬は毒性が強く、一気にたくさんのフィラリアが血管や心臓につまり急な症状をだす恐れがあります。急な症状の場合は早めにフィラリアを取り出す必要があるため、専用の器具を使いフィラリアをとりだす外科手術を行います。

  しかし、この手術は弱っている心臓に全身麻酔をかけるわけですから手術中に亡くなることもざらです。なるべくなら選択したくない方法になります。そのため、ワンちゃんの状態があまりよく無い場合や歳をとっていて麻酔をかけるのが危険なときは、症状の治療をしながら毎月フィラリアのシーズン関係なく1年中予防薬を飲ませることで寿命(平均5〜6年)を縮めることを選択する場合もあります。

 どの治療方法も長い時間危険な状態に陥る可能性があることに変わりありません。また、フィラリアになってしまったワンちゃんは、今までのような状態に戻れるわけではありません。病気の間に受けた体へのダメージが残ってしまっているため、激しい運動などを控え安静に暮らしていけるようにしていかなければならないのです。

フィラリアの薬について

 フィラリアのお薬は感染している状態で飲ませると、ショック症状を引き起こしてしまうことがあります。そのためお薬を飲む前に検査をして、フィラリアにかかっていないか確認する必要があります。

 フィラリアの薬は予防薬と言っていますが、実際は駆虫薬で、蚊が体内に入ってから成虫になる前の幼虫を、月に1回まとめてやっつけているのです。そのため、蚊が出始めた1ヵ月後から蚊が出終わった1ヶ月後まで飲ませなければいけないのです(この期間は地域によって変わります)。
                                                   

 長崎県の各所において蚊は最も早くて4月終わりごろ、最も遅くて11月半ばまでフィラリアは感染し続けるのです。

 要するに毎年の気温差はありますが平均して5月から12月までは予防薬を飲ませないといけません。

フィラリアの駆虫薬に対しての誤解

 
 予防薬は月に1回飲ませていますよね?多少忘れたりすることもあるでしょうけど。^^;;

 この薬は1回飲ませるとその日1日だけ効きます。
あれ?1カ月間ずーっと効いているんじゃないの?とかお思いの方は考えを改めてくださいね。その日だけなのです、効くのは。

 では、どんなふうにフィラリア予防薬が効いているのかというと、1カ月間自由に蚊に吸血させておくわけです、ワンちゃんには悪いのですが・・・。

 そして吸血されるときに、蚊からワンちゃんの体の中に入ってくるフィラリアの幼虫を1カ月間貯めておいて、最後に薬を飲ませて一挙に幼虫を殺すわけです。だから薬は一度飲ませたら1カ月間も効かないですのでお間違えのないように。

 またここからが重要なのですが10月〜12月までの時期が一番油断して投薬をやめてしまう飼い主さんが続出します、なぜならもう涼しいから蚊はいないだろうと思い込んでしまうからです。

 これはとんでもない考えです、10月で予防をやめると30%が感染し、予防をしていない群とほとんど変わらない実験結果が出ております。むしろこの時期が一番危険なのです!!

 ですからフィラリアのお薬は5月〜12月までしっかり飲ませて
予防しておきましょうね。